QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
プロフィール
半ダース軍曹
半ダース軍曹
基本、どーでもいいこと、タメにならないことを記事にしてます 初老の生存安否確認とボケ防止用のツールとして運用しています

2013年09月20日

WE ACR GBB チャンバーパッキン交換

こんにちは

先日、ちょっと時間があったので衝動買いしたM27とSCARを伴い

各銃100発程ばら撒いて来ました

SCARは元々、既に調整済みでしたのでPーMAGとの相性問題の検証だけ致しました

さすがに同社、同一規格マグという事でセミ・フル共に全く問題なく打ち切ることが出来ました

ただし外側がポリマー樹脂で覆われていると言う事もあって熱放射率が悪いので

フル連射などで一旦冷えてしまうとその後、生ガスが出やすくなってしまいます

とは言え外見の作りは非常に良い感じですし落下させたりしても多少は問題なさそうですので

ゲームで使われるM4ユーザーにはこのP-MAG、かなり需要がありそうですね

ただ”ぶっ放したい”って理由だけで持って行ったVFC M27ですが

何も考えずアウターバレルをスチールに換装したので滅茶苦茶、フロントヘビーになってしまいました

これにライトやらバイポットを付けたら考えただけで恐ろしいですね

VFC M27は良くも悪くも平均的な製品ですのでこれ以上弄る必要もなさそうです

さて、問題のARCですがやはりWE社お決まりのホップが強めの設定に出来ております

高圧ガス使用前提での製品なのでチャンバーパッキンが国産に比べ硬いです

なので国産製品に準拠した設定に変更致します

既にSCARに組んで割と良い実績が出ているファイアフライを組むのも良いかと思いましたが

知人からの薦めもあって今回は先ずGホップから試して見ます

WE製品に拘わらず中華銃のバレル周りとかは割りと削りっぱなしのバリだらけがデフォなんで

その辺もしっかりと処理した上で組み込み週末にグルービングテストを行います

しかしACRは楽で良いですね 何と言ってもチャンバーまでのアクセスが数秒だもんね

これは本当に整備性が良くて良い

他の銃だったらこうは行かないでしょ?

と、言う事で結果は週明けにでもご報告いたします

ではまた
Posted by 半ダース軍曹 at 13:43│Comments(6)
この記事へのコメント
軍曹~

いや~ん。誘ってくれなくちゃ~

ACRの実射テスト結果、楽しみにしてまっせ!
Posted by みっくん at 2013年09月20日 13:50
みっくん殿

申し訳無いです・・・
たまたま夕刻、家族と出かけついでに近くに行く用事があったので
本官だけ放置して頂きぶっ放して参りました
今度はお声掛け致します

チャンバーへのアクセスが簡単なので次回は各種パッキン持って行って
現地で交換しながらテストしようと考えております
Posted by 半ダース軍曹半ダース軍曹 at 2013年09月20日 13:57
こんにちは。

気のせいかWEのマガジンのほうがカーブが自然に見えますね(・ω・)ノ
Posted by ヒカル at 2013年09月22日 15:53
ヒカル殿

外見はバッチリですよね
このマガジン、ポリマー外装の割に結構使えますよ
このマグは絶対に売れるw
Posted by 半ダース軍曹半ダース軍曹 at 2013年09月23日 08:46
こんばんは~。

プラを多様してる銃や、黒くない銃に抵抗を感じるオヤジですが、コイツのバレル交換の簡単さは素晴らしいと思います。

M4なんてデルタリングで何時も苦労させられますから・・・・。Orz
Posted by まあく at 2013年09月24日 22:43
まあく殿

こんにちは

>プラを多様してる銃や、黒くない銃に抵抗を感じるオヤジですが、コイツのバレル交換の簡単さは素晴らしいと思います。

> M4なんてデルタリングで何時も苦労させられますから・・・・。

いやいや、、本官もごく最近までは”なんだ、この長靴みたいなストックは”と思ってましたからw

まー、見慣れれ来た事もありますが近代的なこの形になった理由も
人間工学に基づいた理論など解るような気がします
まーそれでも受け入れがたい方にはきっと受け入れられないのでしょう

近代的になり良い面も沢山ありますね
今回のバレルチェンジシステムですが良く出来てますよね
近日中にはショートバレルも出て来るでしょう
場面に合わせアタッチメントで長さを簡単に変えられるのは楽で良いです
Posted by 半ダース軍曹半ダース軍曹 at 2013年09月25日 13:18
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。