QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
プロフィール
半ダース軍曹
半ダース軍曹
基本、どーでもいいこと、タメにならないことを記事にしてます 初老の生存安否確認とボケ防止用のツールとして運用しています

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2013年09月16日

WE ACR GBB ロア分解

こんばんは

今日は一日台風でしたのでレンジには出向かずに家でのんびりと触っておりました

ACRのリコイルですが同社SCARなどと同形状のボルトな事とマテリアルも

類似している事もあり硬質でシャープなリコイルを味わえます

ACRにも社外スチールボルトが出ましたらSCAR同様、ガッツンガッツン動かしてみたいですねw

初速ですが室内温度26度 ガス注入後10分程放置したマガジンで検証致しました

一応、現段階では安全圏ではありますがバレルカットしておくなりして

もう少し初速を落しておいた方が無難な値でしょう

発射サイクルですがこの時期なのも手伝ってまずますな感じです

特にリコイルスプリングもBETA PROJECTの時の様に交換しなくても良い様に思います

むしろ弱い位に感じます

BETA純正に比べたら恐らく半分くらいのバネレートではないかと

WE社製にはストック基部にはボルト受ける為のリコイルパッド座台が伸びています

ボルト後部を見ると丸くヒットしている痕跡があるので恐らく間違いないでしょう

しかしながらACRにはウレタンバンパーが付いていません

この部分は衝撃の掛かる部分なのでちょっと心配ではあります

以前SCARではストック基部が破損する事例が多く報告されていました

まぁ今回はSCARの教訓を生かし恐らく強化ポリマーだとは思いますが

一応、安全策として一工夫しておきます

スペーサーでかさ上げしその部分の上にバネを嵌め込める様にしてBATAのACRを

組む際に使ったバネをこの基部に嵌め込みストック基部の負担を減らすと共に

リターンスピードを向上させるのに一役買わせます

丁度、このバネの内径が少しきつめに入る位のピッタリサイズだったので

撃ってる内に外れる事は先ず無さそうです

テストを兼ねて撃ってみましたがストック基部の耐久性は未知数ですが

リターンスピードは格段に向上致しました

もっさりしてしまう冬場対策には良い手法かとw

で、昨日、まあくさんに「構造的にはWAM4と類似の形状・配置みたい」と申しましたが

ありゃ嘘でした

訂正致します 

それでは問題のトリガーボックスを取り出します

赤丸にあるトリガーボックス後部のネジを外しプランジャー止めプレートを外します

セレクターのプランジャーバネとプランジャーを取り出します

取り出した事によりセレクターがフリーになるので右側のセレクターから外します

左側のセレクターはハンマーをコック状態でセレクターの引っかからない部分を探しながら引出ます

コツさえつかめば簡単に出来ると思います
※プランジャーバネとプランジャは小さなパーツです 無くさない様に注意して下さい 磁石に付けとくと良いです

フルオートシア連動プレートを外しフルオートシアも取り外します

あとはハンマー、トリガーピンを抜けばトリガーグループが取り出せます

ハンマー、シアー、トリガー、ストライカーは亜鉛製の様です

バルブロックはCNCステンレス製などの信頼性の高いアップグレードパーツの販売が待たれます

今回もトリガーパックがネックでWAM4ユーザーには受け入れてもらえないかも知れませんが

WAM4ベースのBETA製ACRの動作と調整幅を比べたら信頼性は一歩譲る形になりそうです

提灯記事と揶揄されそうですがWE社の動作性と本体の低価格、マガジンの単価からすれば

今回のACRはお座敷ユーザーにもゲーマーの双方にも満足出来る一本だと思います

ただし、突っ込みどころが満載なのは変わりは無いですが・・・

補足ではありますがストック折り畳みボタン部分が片手では押せない程硬いので分解し調整してみます

先ずはストックを畳みます そしたら、この穴からマイナスドライバーを突っ込み本体側に押し込みます
すると、ボタンがごっそり取れます

ん?バネがストックの凸からズレて斜めに入ってた!!

ちゃんと穴に入れてボタンを戻したら・・・

ぉお!片手で操作出来ました きっと工場での組み込みミスだったのでしょう

そろそろ今週あたりには大手ショップにも入って来るでしょから

色んなフォーラムでACRネタを賑わしてくれる事でしょう

誤字・脱字・訂正とつたないレポではありましたが最後までお読み頂きありがとうございました

それではまた  

Posted by 半ダース軍曹 at 23:11Comments(13)WE ACR

2013年09月15日

WE ACR GBB

こんにちは

日本列島には台風が近づいて来てますので皆様、お出かけの際にはご注意下さい

長旅から帰って来まして疲れも何とか取れた所で留守中に届きました

WE ACR GBBのレポを簡単にしたいと思います

Magpul ACRと並べてみました

色合いなんですがアッパーレシーバーは本家より若干濃い目の色合いです

TANと言うよりはコヨーテブラウンと表現するのが妥当でしょうか

ロアの樹脂部分はちょっと味が強くパチ中華安マグなどで言われてたババシャツに近い物があります

このパーツは是非とも色合いも含めアップグレードパーツの販売が待たれます

また、セレクターの固定位置がWEは90度ではないのが残念

国内限定版では刻印が入るようですがどんな刻印が入るのか全く情報も無かったので

訳の解らん刻印入れられ消す手間考えたら面倒なので本官は後で調べてから

後ほどゆっくり刻印入れしたかったので無刻印を選択致しました

ガスブロックはA&KレミントンACRと同じタイプの物です

アウターバレルのこのくびれは要らないかな(苦笑

グリップ部は握った感じでは何故だか本家の方が細く?感じました

太さと言うより、断面形状が違うのかも知れない

滑り止め部は大人の事情で画像の様な感じに仕上がっております

これはこれで良いのではないかと思います

グリップ内には本家には無かった小物や電池を収納出来るスペースが確保されています

ネジが違う位で本家と遜色ありません

折り畳する際のボタン部分が超絶硬い為片手でボタン操作して折りたたむ事は困難

このバネ部分は切り詰めるか交換する必要性があります

また、降り畳んだ際に出てくる電池収納部分も本家同様に完備されております

AACのサプレッサも問題なく取り付けが可能です

Beta Projectと並べてみました

細々した刻印が無い位で見た感じはとても良い出来ですね

触った感触もサラリとしていてとても好感触

同社のM4やSCARにも運用が可能です(本官はM16で試しました)

ただしSCARに関してはEGLM装着の際には当たってしまい運用出来ませんでした

EGLMのマグウェル部分前側を削れば入ると思います

通常分解して行きます

特徴的なハンドガードを外すとバレルを交換する際のワイヤーレバーが出てきます

そのレバーがプラプラしない様に固定具が設けられています

気になっている人も多いかと思いますのでここで晒しておきますが

本家、Magpul ACRにもWE用のハンドガードは装着可能です
(ただし、その逆はムリ)

これ、単品販売されたら本官も是非、欲しいですね

レバーを回しアウターバレルASSYとチャンバー&インナーバレルが外れます

嵌合部のガタは無く切り欠きが設けてあるので再装着の際、チャンバーがズレる様な事は在りません

チャンバーは何時のも形体なので修正並びに調整も簡単に出来そうです

ボルトASSYですがWEの方がBeta Projectより若干長いです

重量はBetaの方が重いです

それはこの断面形状を見れば判る様にWEのボルトは軌道レールが通る部分がシェイプされています

Betaでは破損情報が出ていましたオペレーティングロッドの先端部ですが

WE ACRではロッド全体がスチール製で強度もバッチリです(四角いのは磁石です)

WEには本家には無いフレームに補強リブが2本入っています

また軌道レール部分がスチール製の別構成なので磨耗などの心配も在りません

ロアレシーバ側ですがハンマーなどは相変わらずのダイキャスト製なので

RATECH社などのサードパーティのアフターパーツの販売が待たれます

この横から伸びる爪楊枝のような物はボルトキャッチの連動様パーツですね

この部分が終弾時にマグから出てくるパーツが押し上げボルトをキャッチとリンクさせています

パーツの大きさと構造から強度的に心配なので精査しました所、

この楊枝のようなパーツとボルトキャッチは磁石が付くのでスチール製の様で一安心です

通常分解したパーツ構成です

上部レール部分にEoTech553を乗せてみましたがガタなども皆無です

ARMSレバーも無理なテンションも無く操作する事が出来ます

今の所外見だけの総評ですがとても良い感じではないでしょか

ただし細かい部分は突っ込みどころ満載ですけどねw

実射性能ですがこの天気なんでまだ行えていません

カラ撃ちの動作点検だけではありますが流石、WE社製

動きは太鼓判ですw

トリガーユニット含めて実射などはまた改めてレポしたいと思います

それではまた  

Posted by 半ダース軍曹 at 13:02Comments(6)WE ACR