QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
プロフィール
半ダース軍曹
半ダース軍曹
基本、どーでもいいこと、タメにならないことを記事にしてます 初老の生存安否確認とボケ防止用のツールとして運用しています

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2013年04月21日

M16A1ビルド5発目完成

こんにちは

やっとパーツも揃い完成に至りました

マガジンはPROWINの20連型マガジン

ボルトはPRIME社製CNCアルミボルト ノズルはその辺にあったINOKATSUのアルミノズル

フレームが綺麗過ぎてデットストックのパーツ類とアンバランス過ぎますね

本来ならストックのヤレ具合に合わせてエイジング加工を施すべきなのでしょうけど

軍曹にはそんな大胆な事は出来ませんw

今では当たり前のように在るケースディフレクターですが在る事に慣れてしまった今では

無いと何かスッキリしすぎちゃって物足りなささえ感じてしまいます

慣れって怖いですねぇ~w

WE社製品M16A1と一緒にスナップ

上がWE社製 下がPRIME製

双方とも同じ長さに見えるのは写真の写し方の問題で

実際にはPRIMEの方がストックが実サイズの為、全然短いです

WE M16A1も同じく603をモデルアップしている物と思いますが

ハイダーがチューリップなのは考証違い 

本当はバードケージであるのが正解 

だけど見た目的に単にM16と言う事であるならば残念な事だが
チューリップハイダーの方が断然、格好イイのだw
と言う、これは製作側の趣味趣向の解る製品でしたw

WE製はモールドがシャープと言うか角がカクカクしてますが、こうして画像で見ると両方良い感じです

実際には塗装がツヤ消し塗装では無く割と光沢の在る表面処理なので実に玩具っぽく見えてしまいます

これがパーカライジングっぽかったらもう少し人気機種になれたのではなかろかと思います

WE M16は動作性はすこぶる良いのに最後の詰が甘く非常に残念な所ですね

ここでちょっと遊び心で手持ちのG&P M203グレネード・ランチャーを付けて見ました

そう、プレデターでシュワちゃんが持ってた奴w

実はコレ、WE M16に着けて「シュワちゃん仕様」に仕上げようと思い

購入したのですが取り付け出来ずに放置されておりました

因みにWE M16をお持ちの方はご存知だと思いますがアウターバレルがリアルサイズ形状では無いので

前部取り付け部の寸法が合わずM203を取り付けることが出来ません

特徴的な穴の開いたM203ハンドガードも実物払い下げ品です

この穴開きハンドガードはマジでカッコイイ

このハンドガードも最近、すっかり見かけなくなって来ましたので今後要チェックです

見つけた際は迷わずポチりましょう(苦笑

こちらも最近では入手しずらくなりましたM203グレネード・ランチャー用 照準機実物になります

レプとは明らかにバネ部の作りとかパーツのタフさが桁違いです

と、言う事で今回でM16A1ビルド記は終了となります

最後までお付き合い頂きまして有難う御座いました

ではまた

さて、次は何作るかなw(苦笑  

Posted by 半ダース軍曹 at 21:17Comments(10)PRIME M16A1

2013年04月15日

M16A1ビルド4発目

どうも、こんにちは

手配物が届きました

と、言っても一部のベトナム・エンスーな方々やM16変態マニアにしか興味が無いであろう

ドロップ型 フォアード・アシストノブが届きました

フォアードアシストの起源となるものであり非常に特徴的形状で

M16A1を表現する上では絶対に欠かせないモノでもあります

前回、Viperはリサーチ不足で完全にやられましたが、やはり良く見ると細かい所が

実物とレプ品じゃこんなにも違うんだって事を再認識させられました

最初はレプでも良いかと思っておりましたがこれ見ちゃうとやはりデテールが全く違ってたので

実物を手配して正解だったと思いました

先ず、見た通りアームの作りがアレなもんで・・・違うねぇw

見えない部分こそ拘ってほしい もう、ちょっと頑張ろうぜ Viper

アームのテンション部分は実物はプランジャを介しているのに対しViperは

直バネだったりと・・・ 

もう、気にしてると可動部はあらゆる部分が違います 

入らない原因だったサイズの違いを確かめたところ外径は0.7mm程Viperがデカイ

ノブの内径(バネ座り内径)は0.1mm差とほぼ同じだった

惜しいぞViper

画像でも確認出来ますがほんの少しだけViperが厚い 

このほんの少しの0.6mm程の厚みの違いで入らない位惜しい 

ただしクリアランスを考えれば個体差程度にしか違わない位の数値

ともあれ実物はすんなりと入りましたょ(ほっ

バネは間違いなく実物のモノの方が変なテンションも無くマイルドな押し味で実物の方が好みでした

あ~ぁ やっちまった・・・
よそ見してて縁をひっ叩いちゃったよ(涙

もう、見えない様におまじないを掛けましたw

新たに買い足したIRON製バレルエクステンションと余りモノのPRIMEチャンバー

IRON製は以前に購入した際、変なところに穴が開いてたり仕上げが雑であったりして

買い控えておりましたが穴が無くなったと聞いて買ってみました

穴は無くなりましたが以前の様にやはり作りが加工痕残っていたりとアレです 

この辺はPRIME製にはまだまだ及びませんね

またViper製のエクステンション&チャンバーとバードケージハイダーも台湾様より届いております

エクステンションはViper独自の形状を採用しています

スーパーマリオに出て来そうなフィードランプ形状ですが何やら玉噛みしにくいらしいですよ

で、このチャンバーユニットですが黒染め後の煤が残っていたりと仕上げが非常に残念仕様です

チャンバーの構造ですがWAともPRIMEとも作りが全く違います

チャンバーはエクステンションの3本のネジにより固定されています

弾道がどうしても片方向に寄ったりする場合は多少ですがチャンバーを回転させて微調整が出来そうです

またマルイのバレルが使えるのはポテンシャルが高い


バレルの固定方法ですがPRIMEやIRON製ではバレル側からパッキンを圧入しましたが

Viperではチャンバー側からのパッキン圧入になるようです

よってViper専用のチャンバーパッキンでないと組むことがままなりません

と言う事で、パーツが間に合わずViper製は本体に組み込み出来ないので見送りまして

今回はIRON&PRIMEチャンバーの組み合わせで行きます

Viperのバレル基部ですがフランジはINOKATSUとそっくりです

このフランジ部にすっぽりと包む様にバレル・エクステンションが入ります

で、赤丸してありますがIRON製のエクステンションの場合この部分に隙間が空きます

仮組みしてみました所、あと3mm程ですがバレルナットをアッパー側に近づけたい

フランジ内部を削り全長を変える事無くこの部分に密着する位入れたいところです

ハンドガード・リングがアッパーと離れ過ぎちゃうとかっこ悪いですからねぇ・・・

これは機会があれは後日、きっちりと調整したいところですね

このなんの変哲も無いハンドガードキャップも実物を奢っておきました

買い足したA1型バードケージハイダー

実物を買いたかったのですが何処にも見当たらないので取り敢えずパチでお茶を濁します

新たに購入したハイダーは専用品の12mm正ネジなので無加工で取り付けられます

レトロ・ブラックライフルはクラッシュワッシャでは無くごく普通のワッシャを装着

していたようなので今回は此方を選択しました

この切れ込みが入ったワッシャの方がいかにもらしく見えるから不思議です

実物オニギリ型ハンドガードを取り付けてと

これでアッパーが組み上がりました

いよいよ組み合わせて完成~!!

と行きたいところですが

ボルトとマガジンの手配が完了していないので完成は次回まで引っ張りますw(ブーイングの嵐必死

申し訳ございませんが次回までお付き合い下さいませ~w(空き缶、空き瓶等、モノを投げない様お願い致しますw

それでは、また  

Posted by 半ダース軍曹 at 10:52Comments(6)PRIME M16A1

2013年04月10日

M16A1ビルド3発目

こんにちは

どっかの国が発射するだのしないだのでTVを賑せておりますが

本官と致しましては後ろ盾になってる某国より色々と買い物したり取り寄せたりしている都合上、

あまりガタガタされると困るんであります

もうね、頼むからみんな仲良くしてw
で、ストックがどっかの国の仮想敵国からやって参りました

DPMS製 バッファーエクステンション
フルサイズはあまり組む人がいないので新鮮かもしれませんねw

付属品としては延長用のカラーと取り付けネジです

延長用といってもそれほど大きくサイズが変わる物ではありません

ネジ部はチューブ内に潜りますから実際には5㎜程度延長と言ったところでしょうか

ただし実際にストックを比較してみると新型と旧型ではこれほど大きさに差があります

上が実物で下がG&P製のものになります

PRIMEのセットの中には延長用のカラーが入っています

実物のカラーとのサイズの違いにちょっと戸惑います

PRIMEのカラーの裏側にはフランジ穴が開いております

これを最後部に被せて使う形になってます

G&P製のエクステンションに組み合わせると大幅に長さが変わります

実際にG&Pの物と組んでみましたがストックとチューブに僅かではありますが隙間が空いてしまいました

残念ながらコレを使う場合にはカラーを2㎜程薄く加工する必要があります

前部接合部を合わせA1実物ストックとG&Pと入り具合を比べてみました

やはり、オーバーサイズ気味ですね

実物のネジにはバッファー内のエアーや水を抜く為の穴が設けられています

G&P製には抜き穴は開いていません

また実物には緩み防止用材がネジ部に塗られております

ただしこれはカラーを仕様した事を想定した部位に塗られているためA1実物ストックを使う場合には

ネジの長さからこの緩み防止剤を軽~く通り越してしまうのであんまり関係ないです・・・orz

虎園さんの所にはA1専用の短いネジも売ってる様ですが現在絶賛欠品中なので残念ながら導入を見送ります

本体ロアレシーバーのトリガーやハンマーなどは余りモノのスチールパーツ群で構成されております

流石に余りモノなんで組んだは良いがちゃんとハンマーが落ちなかったりデコック出来なかったりと

非常に面倒くさい
トライ&エラーを繰り返し何とか正常動作するように調整が出来ました

ボルトストップがIRON製の不細工なのはご愛嬌w

で、組むにあたり使うケミカル用品がコレ

ワコースのメンテルーブとパーマテックスのネジロック材 軟固定Ver(紫色)

取り立ててワコースが良いと言う訳ではないんですが入手性の良さとオートバイにも兼用で使ってるのでこれを使ってるだけです 

特に際立って性能が良いとも思いませんし必要以上の思い入れも在りません

因みにオイルはYAMAHA純正が好きですwハイ(爆

パーマテックスのネジロックは色別で固定トルクが変えられるので銃にもオートバイにも便利な事と

とても安いので助かります

また必要以上に締め上げてネジ山噛ませて外れなくなるよりは簡単に外せるのでM4を含め

固定すべきネジ部すべてに塗布しています

見た目の形状もリアルなのでRA TECH Ver3バッファーを採用しました

チューブ内とバッファーにメンテルブを適度に塗ってインストールします

これでロアフレームが完成致しました

ただ、ここでPRIME特有の残念な事が一つ有るんですよね

これはPRIMEフレームと実物パーツを使った時に起こるのですが・・・

フレームとストック&グリップとの段差・・・

隠しようの無い寸法誤差
もうね、これさえなければPRIMEは最高なんですけどね

M4ならリトラクタブルが多いのでグリップを少し詰めれば何とか対応出来ますが

M16シリーズでは固定ストックの為この段差の悪夢から逃れる事は出来ません

因みに以前製作した同社PRIME製の実物パーツを組み込んだM16A2ですが全く同じ現象が起きております

もうね、この部分はお手上げなんでこのまま放置致します

この詰めの甘さがなければホントに造りも質感もPRIMEは良いんだけどなぁ

と、言う事で次回はアッパーに着手です

それではまた  

Posted by 半ダース軍曹 at 14:43Comments(10)PRIME M16A1

2013年04月06日

M16A1ビルド2発目

こんばんは

本日、海外様よりA1用パーツが届きましたよ

日本はもとより海外ですらBOMBER製並びにG&P製 A1用のパーツは欠品で全滅状態

マジで探すのが困難です

で、前々から気にはなっていたのですが互換性やら後々のアフターパーツの事などで

手を出さなかったメーカーViperについに手を出す時がやって参りましたw

と、言うか現在、A1モデルのパーツが入手可能なのがこのメーカーだけって話ではありますけどね

取り敢えず旧型デルタリング、A1バレル、バードゲージハイダー、A1フロントサイト、ファアードアシストノブ等を輸入してみました

先ずはバレルですがスチール製でズッシリと重いです

カタログで見る限りばっちりデカデカと入っていた刻印ですがViperの刻印は入っていませんでした

作りもINOKATUの様なHOP調整窓がありますが質感はINOKATSUよりもパーカライジングも綺麗で

更にマットが効いていて上質な感じがしますね

また旋盤で引いた時に出来る波加工も施されていてとても良いです

バレル先端部にはきちんと1974年以降の後期型刻印が刻まれています

上の画像は本物の刻印※RETRO BLACK RIFLE様から画像拝借

若干のフォントの違いは在る物のとても良い感じです

逆ネジ14mm A1バードケージ型ハイダーも輸入ついでに一個一買いました

A1型は国内では最近手に入りにくいみたいですね

有ってもKMの裏ネジ止めとかは嫌だし・・・

で、さっそくフィッテングしてみたら

着かねぇ・・・

カタログには全く記載が無かったのですがこのA1バレル

なんとハイダー取り付け部は12mm正ネジでした・・・ョ

あ~、この規格は何処にも無いからまた買い直しだ・・・orz

こんな所、独自規格とか、要らねぇし

気を取り直して次々~w

レトロ・ハンドガードリングとレトロ・フォアードアシストノブ

質感共にINOKATSU、PRIMEレベルと引けを取らない程の工作精度です

で、またか・・・orz

Viper製のノブは一回りデカイ様で入りません

また独自規格か・・・orz

また手配し直しパーツが増えました

Viperですが互換性が無いのはファイアリングブロックだけかと思いきや色んな部分が

独自規格だったりするのでこれから手を出す方は要注意です

SR-16 URX3.0も気になってたけどこりゃ、見送りだわな

バレルナットですが画像下がDPMS製 右がViper製

Viper製の物の方がギザギザ部の厚みがあり実物ハンドガードとのフィッテングを行った際

結構きっちり過ぎた事と折角実物があるのだからそれを使いたいのでナットはスワップします

交換しました 

色もコチラの方が統一感があってとっても素敵w

フロントサイト・ポストをバレルに組もうとしたのですが

案の定、入りません

びくともしませんw

よって、この方の出番ですw

#2/0リーマー様の出番です

今回はポスト裏に穴が開いていない為、ヘキサゴンネジを立てて固定出来ない為、

テーパーピン穴にバネピンを入れて半固定します

垂直を出したら本固定して後は前回同様、力任せに

ゴリゴリ逝きますw

あまりやり過ぎるとスッカスカになっちゃうので頃合を見て何度か抜いて実際にピンを入れて点検します

手で入れてこの位入る位が前回良い感じだったのでリーマー通しは止めてピンを打ち込んでみます

プラハンで5~6回叩いてピンを定位置まで圧入出来ました

次は先程、固定の為に入れて置いたバネピンを抜き同じ要領でゴリゴリ作業します

両方共に定位置にて固定完了

さて次はアメリカ様から届いた実ストックチューブ関係やらの取り付けになります

それではまた  

Posted by 半ダース軍曹 at 22:11Comments(4)PRIME M16A1

2013年03月26日

ビンテージM16A1 始めました

こんばんは

またまた見慣れた箱が我、武器庫に運び込まれましたw

先日、某オクを徘徊中 気になる物を発見

で、ウォッチリストに登録し値動きを見ていたのですが

真っ昼間のオークション終了と言う事もあってかそれ程落札価格も高騰せず

思っていたより遥かに安い金額で落札出来ちゃいましたw

PRIME M16A1 レシーバーセット

と言うかWAM4カテゴリ自体が現在停滞気味なんで当たり前と言えば当たり前か・・・。

いつもの如く今更感ハンパないですがまぁあまり細かい事は気にしません(爆)

やっぱ軍曹は軍用ライフルが大好きなのであります

で、更に武器庫をガサガサと捜索・・・

あった!あった!!w

買ったまま長い事、放置されっぱなしで出番が無かったのですが

やっと彼等の打順が回ってきましたよw

実物バットストック&ハンドガード&ピストルグリップ

一昔前は何処でも売ってたし簡単に入手が可能だったけど

今やこの3点フルセットで揃えるのは中々至難な業になりつつありますね

このパーツですが年代の割にコンディションの良いので組み上げるのが楽しみであります

が、しかし・・・

WAM系M16A1のパーツって現在、非常に入手しずらいのであります

て、言うか流通してるのさえ見たこと無いのですが・・・

・A1バレル
・フロントサイト
・旧型デルタリング
・フォアードアシストノブ

うーん、困ったぞ・・・

取り敢えず探し回って見ます

それではまた  

Posted by 半ダース軍曹 at 20:19Comments(6)PRIME M16A1