QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 9人
プロフィール
半ダース軍曹
半ダース軍曹
基本、どーでもいいこと、タメにならないことを記事にしてます 初老の生存安否確認とボケ防止用のツールとして運用しています

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2013年08月30日

KSC TT33

こんばんは

今日は待ちに待った

KSCTT33トカレフの販売日 ネ兄

マガジンは例の如く発売後入手が困難になるのが解っているので一本だけ予備を押さえました

ショップ曰く何だか数が少ないらしいので予備マグ欲しい方は早めに抑えた方が良いらしいです

画像ですと全体的にはダークパーカーっぽいですが実際にはもっとマットな黒です

東側を代表する軍用銃として君臨して来ただけの貫録は有りますね

安全装置が装備されていないのでハーフコック若しくはハンマーを完全に

落とした状態が安全位置になります

フルコック状態でハンマーダウンをする際、指使ってのダウンは出来ません

何故かって言いますと暴発するからです

ですから落とす際は必ずマガジンを抜いた状態でのダウン作業となります

解りづらいかも知れませんがKSCのHWにありがちな木目の様な樹脂形成ムラが出ています

実際に実物手にとって買う事の出来る方々はこの辺は要チェックですね

スライドキャッチの位置が実銃よりも後方に設けられています

あと5mm程前だったら完璧だったのに・・・残念

トカレフの分解は非常に簡単です

先ずはこのバネプレートを後方に引き出しロックを解きます

後はピンを押すだけ~w

スライド周りは実銃同様の方法でバレルなどを取り出し分解出来ます

この特徴的なハンマーですが焼結金属を思わせる色合いが見て取れます

実銃ではハンマー周りはグループで取り出す事が出来ますがコチラのモデルでは再現されていません

実際エアガンの構造上では難しいでしょう

マガジン底部にはランヤード付きプレートとバルブ穴開きランヤード無しプレートが同包されています

本官は注入バルブが丸出で見えるのは興醒めなんでこのランヤード付きにしときます

グリップを外すには先ず左側から外す事になります

マグウェル内部に突起のあるプレートがありそれをスライドする事でグリップが外れます

まー良くもこんな手の込んだオサレな構造にしたものです

機能美にあふれるデザインと構造です

グリップ左側裏側にあるT字のプレートが回転する事で固定されてる訳です

このグリップにはウエイトが仕込まれてますので非常に重たいです

実物に交換する事も可能なのかも知れませんがその際は大幅に銃全体の重量を失う結果となるでしょう

右側のグリップを外す際はこの一文字のプレートを時計と反対に回します

こうする事でかしめが取れ右側のグリップを取る事が出来ます

実射性能は何分、夜間なもんでこの週末にでも試してみます

まーその前に着手中のPRIME M16 M602もやらなきゃいけないのですが

現在、パーツ集めに非常に難儀致しております

その中でもハンドガードだけは何処を探しても見つからないんですね・・・

予想通り見事に暗礁に乗り上げております

もし、「軍曹に譲ってやってもいいぜw」って言う心優しい方

いらっしゃいましたら是非、ご連絡を下さいませ お待ち申し上げております(真剣

大事にしますので宜しくお願い致します

今晩はこんな所で

それでは、また  

Posted by 半ダース軍曹 at 00:03Comments(4)ハンドガン

2013年06月21日

VFC Smith & Wesson M&P

こんにちは

台風の影響がそろそろ各地で出てきそうですね

でも、こう晴れ続きでは夏を前にして首都圏の水瓶も心配なのでここはひとつ

ドバッと被害が出ない位に雨が降って貰いたいものです

で、休日の殆どがバイクの修理に費やされ日々忙殺されておりましてこの所、銃関係がすっかりおざなりになってしまっております

それと同じくして我が自宅防衛軍の軍資金の調達も中々厳しくなって来ております

折角バイクのエンジン下ろしてエンジンをパーツ単位までバラんバラんに分解したついでなので

消耗パーツ類は尽く全部新品に交換しちゃおうと・・・

願いましてはぁ~♪

シリンダーなり~
ピストン也~
ピストンリング也~
ピストンべリング也~
クランクジャーナルベアリング也~
ウォーターポンプなり~
ウォーターポンプベアリング也~
・・・・etc
既に手配パーツは30点以上・・・

シリンダヘッドもバラしたついでにバルブシールの打ち直しを内燃機屋に持ち込み・・・と

もう軽く実物光学一個買える程の実弾が飛んじゃいましたネ orz

と、言った具合で物欲の方も多大なる出費で自ずとたじろいでおりますが 

それでも何か手元に届かないと精神衛生上宜しくないので

軍資金不足な事もありますがココはそれなりの物でお茶を濁し我慢しようかと・・・orz

で、香港様より只今、到着致しましたョ

VFC Smith & Wesson M&P

どうやらこの銃に関しては”Cyber GUN”が取得しているS&Wのライセンスが一枚咬んでいるらしく

国内には流通させる事がままならないようです

Viper TechのM4 Clot刻印モデルなんかも同じくロイヤリティの問題で表向き流通出来ないようです

オモチャのテッポー位でなんだか面倒くさいなぁ

製品の方ですがWEと大きく違う点ではやはり刻印でしょう

提供元がVFCなので質感は申し分無く流石に良く出来てます 本当に素晴らしい

両方を手にとって比べるとVFCの方が各部のエッジが立っていると実感できます

在るべき所にはきちんと各部にS&W刻印が入ってます

刻印が在ると言うだけで全く別の表情を見せてくれます

スライドとアウターバレルはアルミダイキャストのようです

サイトパーツは別構成の円柱透明樹脂と白色パイプ状パーツが入っています

特に発光体という物ではなく単に視認性を上げる為の物の様です

元の状態ではただ穴が開いているだけですのでこの穴に上記のパーツを組み入れます

白色パイプ状パーツを組みつけてみました

マガジンは短いのでその分装弾数はフルサイズより少なく16発仕様です

当然ながらマガジン含め各パーツですがWEとVFCでは全く互換性はありません

スライド内部のパーツを操作する事によってフル&セミオートに切り替える事が可能です

樹脂系パーツは繊維入り樹脂かどうかは外見からは特定出来ませんがこの質感なら

入っていなくても万人がきっと満足する出来でしょう

この凹んだ部分にはMade in Taiwanの文字が刻印されていますが

この部分に付属のシリアルプレートを入れる事で全く見えなくなります

固定には特に接着剤等も必要なくカチッと入りますので余程の事が無い限り取れません

エキストラクタも別パーツで再現されております

インナーパーツ群はStark Armsのグロックと全く同じパーツと言って良いほどそっくりな構成です

この事からStark ArmsはVFC製ではないかと巷で囁かれていましたがどうも信憑性が高くなって来ましたね

動作性ですが稼動部の磨り合わせを行えば134Aでも特に問題も無く動いてくれますが

WEと比べるとコチラに関してはWEに軍配が上がります

サムピースもWE同様、S、M、Lと3個付いてきます

Mサイズを装着し握った感じでは軍曹にはぴったりでした

が、やっぱ軍曹はフルサイズの方が良いよぉう

VFCは何故ゆえに斜め上の9Cなんてスモールサイズにしちゃったんだろ?

フルサイズの方が圧倒的に需要が在ったと思うんですけどねぇ・・・

この部分だけはホント理解に苦しみますね

スモールサイズは好き嫌いの分かれる所ですが現在、メーカー発のフル刻印のM&Pを手に入れたい場合

現状VFCしかフル刻印モデルは造ってないので仕方無いとは言え残念

○イさんは当分M&Pを製品化しそうな気配もないので一刻も早くフルサイズのデビューを待ち望んでおります

と、言う事で今回は送料の関係で3丁程取り寄せましたが一丁だけは自分の手元に置いて

あとの残りの2丁は近日中にオクにでも放流しますので良かったら是非、ポチッてやって下さいw

宜しくお願い致します

追記※お蔭様で有難い事にオクに出す前に引き取り手が見つかりました

それではまた  

Posted by 半ダース軍曹 at 22:43Comments(6)ハンドガン

2013年03月09日

増殖中・・・

最初はコクサイのM629一本だけだったのですが

なんだか解りませんがこの2か月余りでコクサイがこれだけになりました

もうね、アホかと
でもスピードコンプの入手は嬉しかった

スピコンのトリガーフィーリングはやっぱ良いな

もう二度と手に入らないだろうなぁと、気合を入れて落札させて頂きましたw

もうM19とパイソン4インチ共々軍曹のお宝ですw

補修部品として買い集めたM19やパイソンなど 

ほとんどの製品がガス漏れやパーツ欠品・破損などの症状があります
 
経年を迎えたコクサイ・M19リボルバー最大の難点としてはシリンダーの割れが発生するようです

特に自主規制前のスリーブ無しモデルに頻発するらしく規制後やパイソンには起こらないそうです

シリンダー補強用構造物の膨張が原因だとか・・・

いつ本官所有の物もいつ割れるかは解りませんので補修予備として保管しておきたいと思います

ステンレスシリーズが未だ充実していないので程度の良い綺麗なのが出て来たら

また買っちゃうかもです

それではまた  

Posted by 半ダース軍曹 at 12:38Comments(3)ハンドガン

2013年03月06日

コクサイ PYTHON チョットナイトブルー完成

こんにちは

先日塗装し終わったフレームを組み上げて見ました

太陽光下ですとかなり青いです

ただし塗装なのでよ~く見ると塗料に含まれる銀色の粒子が見えてしまいます

これは仕方ないとは言え残念・・・。

でも雰囲気的には及第点かと

室内なら文句なしに良い感じ

これで完成です
  

Posted by 半ダース軍曹 at 21:15Comments(4)ハンドガン

2013年02月20日

コクサイ PYTHON チョットナイトブルー

こんにちは

先日某オクにて手に入れましたコクサイPYTHONに手を入れてみる事にしました

手を入れると言っても塗装位しか出来ませんがね

目標としてはタナカの秀作であるミッドナイトブルーを目指したい所ですが

アチラはメッキした上でのブルーイング・・・

とてもそんな加工を頼めるツテもコネも御座いません

よって自分で何とかせねばってことでGスミスSより銃Ⅱを取り寄せモノタロウで道具や消耗品を買い

修正加工を入れながら塗装してみました

現在ハンマー、ヨークやらトリガーやら金属パーツをブルーイングすべく取り外しています

実は中古のPYTHONをもう一個、某オクより比較対象用に買ってみました(爆

左がノーマル 右が塗装カスタム品 艶の違いが解りますでしょうか

ノーマルのサイドプレート ガスルート部分があり結構、ヒケが有り凸凹してるんですよ

それを修正し綺麗に平らにしたのかコチラです

ガラス板にサンドペーパーを貼り先ずは平面を出し塗装後に研磨し顔が映る位まで磨き込んであります

右側面にはAGSKの刻印が掘り込んでありましたが黒瞬間接着剤を流して研磨し潔く消えて頂きましたよ

本格的なタナカのメッキにブルーイングを施したミッドナイトブルーにはとても勝てる訳も無くそれには程遠いですが

気分だけはチョットナイトブルーな感じで楽しめます

室内では青みがかった黒色ですが太陽光下では結構、ブリリアントブルーに見えますよ

メッキによる光沢表現とは一線を画しますがこれはこれで良いブルーな感じではないかとw

ヨークやらトリガー&ハンマーのブルーイングを急ピッチで進めております

また完成しましたらご紹介致しましょう

それではまた

※最近某オクでコクサイ・リボルバーの値が上がってきてます
この記事公開後、更に値が上がるような事が無い事を祈ります(爆  

Posted by 半ダース軍曹 at 13:00Comments(4)ハンドガン

2013年02月16日

STARK ARMS GLOCK17

こんばんは

前々回の投稿にて海外通販で散々な目に合い精神的ダメージを受て未だ立ち直れていません

更には追い打ち的に円高も進みまして送料掛けてTAX払ってリスク犯して海外から取り寄せるのも

なんだかなぁ・・・面倒くせぇって思ってしまいまして

暫くは国内でのんびり購買しようかと思っております

まぁ海外にもこれと言った新製品の発売も欲しいモノも特に無いのでまぁ良いのかと

で、久方ぶりにリボルバー以外に触手が動いたのがコレでおます

STARK ARMS GLOCK17

以前、同社のG18とG23は発売されましたが瞬く間に完売、瞬殺でございました

今回も危うく買し逃す所でしたがすんでのところで入手出来ましたね

まー、入り箱がとっても

シャレオツです 

本体の他、付属品はG18Cの取説、マガジン拡張パーツ、替えメタルアウターバレル

頼むから取説位は新規に作ってくれって感じですね

スライドはアルミ製です そして一番の目玉は

何と言ってもリアル刻印

大人の事情など微塵もございません 

しっかりと入っておりますw素晴らしいw

替え用の刻印入りアウターバレルはとても気の利いたサービスパーツですね

是非WEさんも真似して欲しい所です

ここでマルイG17様にご登場頂き、各部を検証して参りましょう

(以下からは右がマルイ 左がSTARKになります)

マガジンですがデティールはSTARKの方が凝った造りになっていますね

エンドプレートはガス注入部が隠れる仕様になってます ここもしっかりと刻印が再現されています

スライドですがマルイに対しSTARKの方が幅が細身です

またエキストラクター・パーツはスライドとは別部構成になってます

スライド内も全くの互換では無い様です STARKの方がガスルート穴が小さい

これは高圧仕様の為でしょうかね 簡単に拡張出来ますので問題は在りません

リコイル・ロッドはテンションの違うバネが組み合わさっており2重バネになってます

これはかなり固めの仕様のバネが組まれておりますのでマルイ製に交換が妥当かと思います

画像は在りませんがインナーバレル内のチャンバーのHOPパッキンはVパッキンになってます

マルイではシリアルプレート兼セフティーですがSTARKではプレートのみの実装
(※フレームですが本官のマルイ製はガーターのフレームを組んでます)

ガーター製にはモールドとして再現されておりますがSTARK製では

トリガーピン上のピンもしっかりとメタルパーツが打たれておりデティールが向上しています

各マガジンの互換ですがマルイにSTARKマグでは動きますがSTARKにマルイマグでは動きませんでした

これがどの様に違いがあるのかはこれからの検証です

お値段も控えめな上にこの出来ですから買ってきっと損は無いでしょうw

久しぶりに良い買い物が出来た気がしますね

皆様も一本如何ですか?

それではまた  

Posted by 半ダース軍曹 at 23:07Comments(6)ハンドガン

2013年02月01日

アンティーク?ビンテージ?

こんにちは

最近は某オクにて水面下でこっそりとリボルバーなんぞを収集しております

やっぱさぁ、本官はカテゴリとしてのリボルバーは・・・

薬莢入れポン出しポン出来なきゃダメなアカン子なんやぁ~

そりゃね、実用実射性能やデティールで言ったら明らかにタナカとかマルイだと思いますよ

でもね、やっぱりリボルバーはそのシリンダーにカートリッジをぶち込んだり取り出したりして遊びたい訳ですよ

もうね、壮年であるが故のパラドックスな訳ですよ

そうなると選択肢としては現行で流通してるブランドのマルシンとクラウンがあるんだけど

8mmBBってのは、はっきり言って興醒め・・・な訳ね

クラウンは如何にもチープでシュール過ぎる・・・訳ね

ですから現在、本官の欲望を満たす商品が現行流通していない以上、

中古で逝きます 中古でw

いやいや、ビンテージでw

ん?アンティークでw

とは言え、某オクでもコクサイ製すら少ないのにガスとなると出品は極わずか・・・

たまに出てたとしてもべらぼうに高かったり最終入札時びっくりするほどの値が付くことも少なくありません

ですのでコチラをご覧の皆様方にはこんな事を言うのは非常に心苦しいのですが、

コクサイのガスリボルバーは入札しないて下さい(爆

で、最近某オクで非常にコンディションの良いコクサイ Colt PYTHON 4インチを手に入れる事が出来ました

もう多分これ以上のモノは今後中々手に入らないのではないかと思います 

傷一つ全くありません もうね新品かと思う位w

さすがリボルバーのコクサイと謳われるだけあってトリガーガード根元部分には▽にVPマークと

検品者刻印(このモデルにはCが刻印されてる)がキチンと表現されております

 
このPYTHONですが元々はコクサイM629同様のパックマイヤー調のゴムグリップが装着されておりましたが木製グリップに変えて有ります

しかし装着の弊害としてグリップ底部厚がかなり高くなってしまいガス注入の際ガス缶のノズル長が足らず

タナカ製のアダプターのお世話にならないとガスを入れる事が適いません

実に面倒くさいw
 
このPYTHONも後期型の様でカートリッジ頭部がゴムの仕様です

このゴム頭でないPYTHONは見かけた事がありませんが、もし今後手に入れられる機会があれば是非手に入れたい一品です

業務連絡:皆様、見つけましたら是非、軍曹に連絡して下さい
しかし入札しない様、重ねてご協力の程お願い致しますw

 
こちらも先日手に入れたコクサイ Smythson 6インチHW

程度の悪い割に高値が付きます 既に某オクでも入手しずらい一品となって来ていますね

 写真ですと割と綺麗に見えますが程度はそこそこです 

HW素材であるが故の磨耗痕は金属感があらわになるのですがテカリ具合が粒々っぽくちょっと感じが違いますね

コクサイのHWはブルーイングされる方々には不評の様であまり人気が無いようです

なにやら鉄粉の粒子がデカ過ぎて綺麗に整えるのが難しいらしく上手く表面が均一にブルー皮膜を作るのが難しいとか

まー本官にはそんな技量も根気も在りませんので後日手入れがてらバーチウッドのブルーで擦る位でしょうかねw

 サイドにはお決まりのコクサイのKSマーク

シリンダーとバレル部の接続部からのぞく金色の真鍮パーツが頂けません

これは後日、磨きなおしてブルーイングしましょう


トリガー部分のエッジがだるいのでこの辺も修正したいところ

既に木製グリップはデッドストック状態で入手不可能なので加工して付けられるモノがあれば付けてみたいです 
 
どちらもぱっと見 良く似てますが全く別の個性ですね
 
PYTHONは機会があれば塗装にチャレンジしてみたいですが予備知識がないので塗装&磨きをこれから勉強いたします

Colt PYTHONの光が当たった時のブリリアント・ブルーの光沢はPYTHONファンならずともあこがれるのではないかと

チャンスがあれば是非、再現してみたいものですね

それではまた

  

Posted by 半ダース軍曹 at 09:50Comments(6)ハンドガン

2013年01月27日

KSC M93RⅡ 

こんにちは

我が家のリビングPCのビデオカードがお釈迦になられ某電気専門繁華街に買出しに行きました所

寄るつもりもなかったのですが、某量販店の看板が目に入っちゃってちょっとショップ内へ

もうね、覗いちゃったのが運のつき

で、店舗に在庫で現品が在ったんですよ それが…。

昨年度末、HW(ヘビーウエイト素材)を採用しリニューアル製品となったとの事で非常に興味があったんだよね

店員曰く「これ最後の一本です、この次は何時入荷するか判りませんよ」
との事

ここで、このタイミングでそれ言っちゃいけないだろ~みたいな

この一言のキャッチコピーに唆され 銃なんて全~く買う予定無く出かけたのですが

気が付いたら既にキャッシュ・ディスペンサーの前に立っていた・・・。

先日の一件がなんとか解決したのもあってか枷が外れたと言うのか、吹っ切れたと言うか

んもぅどうにもこうにも堰を切ったかの様に物欲が止まりません・・・

もうね、ほんとにバカ・・・・かと

限定とか最後とか言われちゃうとついつい悪い癖が出ちゃうんだよな

でもね後悔はしてないきっぱり 

たぶんね 

きっと・・・

KSC M93RⅡHW

以前某オクで入手した初期のM93Rは無刻印だったのとあまりの動きの鈍さとリコイルのショボさで手放しました

現在、エンジンは07ハードキック、システム7へと変遷を遂げKSCならではのデティールの美しさをプラスし

昨年末に満を持してヘビーウエイト素材でリメイクされたんですね

で、実際に撃ってみるとシステム7な事とHWも相まって手首にガッツンガッツン来るスゲー良いリコイルです

まさしくブローバック・エンジンであるシステム7の素性が良いのでしょうな

以前持ってたモデルにあったセミ・フルの中間にあった∞マークは消えましたよw 

あの∞マークはちょっと頂けないなぁ~♪

同社のグロック18Cも持っていますが、グロック以上の物は流石に無いだろうと思っておりましたが

今回はそれを遥かに凌駕する程の出来映えでKSC史上最高のマシンピストルになったのではないかと思います

この硬質なリコイルは本当に最高~♪

撃っててマジで楽しい♪

3点バーストはキレが良く仮に2発でトリガーリリースしても次発の時もちゃんと3点バーストになる

ここにもKSCならではの小技が利いてます

最近、KSC(提携KWAも含め)はAK74やKrissと云い中々面白いモノ造りをしているのではないかと思います

この季節柄、GBBは動作も販売も非常に厳しいのでしょうがKRISS以降これと言った新作情報も無い昨今

あまりにも停滞気味なのでこれから春から夏に向けて他の大手国内メーカー様には

え~?!と驚く様な新作を期待したいですね 

軍曹的にはSTYER AUGのGBBなんか面白そうだけどね

それではまた
  

Posted by 半ダース軍曹 at 21:06Comments(6)ハンドガン

2013年01月01日

おめでとうございます

おめでとうございます
昨年は大変お世話になり誠に有難うございました

新しい交流も出来まして本当に感謝いたしております

本年も宜しくお願い致します

とご挨拶も早々に今年もRED WING新年初売り に逝って来ましたよ

THE 福袋

一人一個限定らしいので嫁と一緒にオープン時間に突撃w

お陰さまで福袋2個手に入れる事が出来ました

ちょっと早めに着いたのですが10時前にはもう福袋は販売開始しておりました

さて気になる中身ですが

福袋Ⅰ

マルイHi-CAPA4.3  PLANOハンドガンケース REDOTドットサイト 粘着ターゲット フィギュア

エバゲリの鏡 サファリランドのホルスター クイッ君 APSのDVD 我が闘争(店長の長編日記?)マンガ本

今年も例の競馬のカレンダーwなどなど
福袋Ⅱ

うわっマルイXDM・・・。昨年買わなきゃ良かった PLANOハンドガンケース REDOTドットサイト 

BLADE TECHのホルスター 粘着ターゲット マルイCQ-FLASH VersaのバイポッドアダプタPOD 

飛行機プラモ3個 APSのDVD 我が闘争(店長の長編日記?)マンガ本 

またまた例の競馬のカレンダーwなどなど

2個合わせるとこんな感じです

ガーレジ前で長蛇の列を成してたので並んでみましたら

ただの販売列でした・・・

並んだ時間考えたらなんだか買わなきゃ損なんで

取り敢えず普段では手を出しにくい値段なのですが

13Kというお祭り価格だったのでKSC M9HWを買ってしまいました

新年早々の散財でしたが要らない物はオク流しの刑で現金回収で御座いますw

それではまた

  
タグ :初売り福袋

Posted by 半ダース軍曹 at 12:27Comments(8)ハンドガン

2012年12月02日

XDM40

こんばんは

めっちゃくちゃ寒いっすねぇ・・・

某掲示板の週末特価情報を得ましたので

そそくさとRED WING

で、先程帰りまして本日の散財は

XDM40

以前から気にはなってたんだけど

みっくんの見てたら欲しくなっちっゃた

もー、どうしてくれるのよ みっくんw
ではでは  
タグ :XDM40

Posted by 半ダース軍曹 at 20:26Comments(8)ハンドガン